鏡時計までノ未知
.




──存在証明──


助けて



ねぇ、苦しい



助けて



誰か…

ここから救い出して


『お前が必要だ』って言って

抱きしめて



包んで



助けて






何時ものように時間は過ぎる
ゆるりと流れ去く真っ白い雲
遠くから響いてくる子供特有の高い声



あぁ……



その時の自分は確かに何かを思ったんだ






.

煌夜風いわゆる自分

.






籠の扉は開いたのに、中の小鳥は飛び立たない



羽根が無いんじゃない



飛ぶことを知らないのでは無い



目の前には青い蒼い大空が広がっている



飛び立てないのではなく、飛び立たないだけ





ただこの小さな世界で、さえずる事を見付けたんだ




自分を瞳に映している存在の為に




ただ唄う事を











.


ブックマーク|教える
訪問者4115人目




©フォレストページ