急がば回れ。…回りたくない時もある。

□カプチーノに笑んで
1ページ/5ページ



いつもは落ち着いた雰囲気で、お洒落なジャズが流れる喫茶店。
黒を基調として内装も、最近気に入ったジャズバンドも、今日ばかりはお休み。

黒を隠すように赤や白のリースが飾られて、耳に届くのはオルゴールで奏でられるクリスマスミュージック。
さらについでに。クリスマスツリーの絵になったカプチーノのシナモンに、思わず頬を緩めてしまう。


「美味しいね」


クリスマス限定と名を打ったシュトレーンを口に運んで、目の前に座るその人に言った。
しかし、いつまで待っても返事は無い。

どうしたのだろうとシュトレーンから目を移すと、シュトレーンと同じくらい真っ白な髪のギルベルトがうんうん唸っていた。


彼の皿にあるシュトレーンは、たったの一口分しか減っていない。
いつもなら俺様のホットケーキの方がうまいぜとか言いながら私より早く食べるのに。

それでもしっかり口の端に粉砂糖を蓄えていて、不意を突かれ吹き出した。


「ギル」


彼が見つめる、雪だるまが描かれたカプチーノは形も崩れずそのまま。多分一口も飲んでいないのだろう。
なにを考えて居るのかわからないが、取りあえず口を拭ってやらないと。

そう思って手を伸ばせば、やっと赤い目がこっちを見た。


「な、ななな」

「口の端っこについてる」


腕を伸ばすと驚いたのか身を引いたが、私がそう言ってさらに手を伸ばすと理解したのか大人しくなる。
親指で粉砂糖を拭ってやれば、わりぃなとその口がわずかに動いた。

相変わらず形がいい唇だとまじまじみていたら、油断していた額にごつり拳が当たる。


「さっきからどしたの」

「あ、いや、なんでもねぇよ!」


頬をひきつらせながら両手を顔の前で振ったギルベルト。人のデコを殴っておいてそれはないだろ。
彼がこうするときは大抵なにか嘘をついている時だ。

でも今日ぐらい許してやろう。なんたって今日はクリスマス。


「シュトレーン美味しくない?」

「えっ、あ、うまいぜ!」


ケセセといつもながらの笑い方をしたギルは、思い出した様にシュトレーンを口に運び始めた。
一口が口より大きいもんだから、口の端と言わず鼻の頭まで粉砂糖が散歩している。

まるで子供の様なその顔に、口を拭うのは食べきってからの方が良かったかとため息をついた。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ