急がば回れ。…回りたくない時もある。

□hug me!!
1ページ/5ページ



メリークリスマス!
力いっぱいに声を出して客人を出迎えた。ついでにクラッカーを鳴らせば、玄関には独特の火薬臭さが立ちこめた。

そしてそんな手厚い歓迎を受けた客人は、火薬の香りにやられたのか音にやられたのか眉尻を下げている。
先週買ったばかりのサンタ帽子を揺らしながら、客人がいつもの様にチャオと言うのを待つ。


「チャオ!」


涙目になりながら手を振ったフェリが、あまりにも可愛らしくて飛びついた。
少しもよろけず私を受け止めたフェリに、おおおと歓声を上げそうになる。

へたれへたれと言いながら、実は凄いんだぞ。


「春海、何これ?」


けふと煙を吸い込んだのかせき込む彼に、空になったクラッカーを見せた。


実を言うと今日フェリが来るのは先月から決まっていた。その所為で来る人来る人フェリと勘違いして、同じ持て成しを知らない人三人分してしまっている。
そりゃ玄関も火薬臭くなる。宅急便のお兄さんもびっくりする。


「びっくりした?」

「すんごくね」


でも春海だから許しちゃうと言うフェリは、もうなんていうかたまらなく愛らしかった。
将に保護するべき対象。世界が指定する保護動物。

いっそ私の家で保護したいとかそんな感じ。


フェリは料理を作ってくれるらしく、大きな袋を持ってきていた。
彼の細腕じゃ重たかろうと、慌ててそれを受け取る。ああと声が聞こえたがこれもフェリの為だ。


「俺、今日パスタ作るからさ」

「楽しみにしてる」

「うん、頑張るよ」


ふわりと笑ったフェリに見とれて思わず袋を落としそうになる。
うおおなんてかわいい顔するのあなたって子は……!


二人並んでキッチンへと向かう。突然フェリが途中で立ち止まった。

そこは物置の前。
あ、しまった。


「何これ?」

「……ん?」

「掃除はちゃんとしないとダメって俺言ったじゃない!」


確かに言われた。部屋でも物置でも汚くしたらルートに怒られるからダメだって。
でもでもでも、しょうがないんだって。あと扉が閉まらないんだって。

せめて布でも被せておけば良かった。物置からはみ出したなにかの一部を見ながらため息を吐く。


フェリは珍しくぽこぽこ怒りながら、それでもなんとか足を進めてくれた。
後ろからみたその細い腰に抱きつきたいと思ったけど、今は袋で手が塞がっていた。残念過ぎる。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ