急がば回れ。…回りたくない時もある。

□鏡越しの
1ページ/5ページ



俺と結婚してくれないか。

そう言ったアーサーの顔は、今まで見たことの無いくらいいっぱいいっぱいで。
もしかしてドッキリじゃないかと思ったのも、しゅるしゅると小さくなった。


夜景をバックにしたアーサーの、固唾を飲み込んだ音が聞こえるくらい静かな時だった。



朝。寝起きで働かない頭で、日課の携帯電話チェック。
今日の天気はすこぶる快晴。窓から差し込む光を画面が反射していた。

天気予報を見る前に、画面に並ぶ不在着信。
そこには上司からの二つに混じった、愛しい恋人の名前が。


混じったと言うよりは、並んだアーサーの文字に上司の名前がちょびっと入り込んだような。
ともかく数十件を越すアーサーからの不在着信があって、眠さに負けそうだった私が一気に覚醒する。

何の嫌がらせかわからなかった。


まず上司の電話に返信しなければと連絡画面を開いて、数分会話して終わる。仕事の締め切りを狭められた。
憂鬱な気分になりながら電話を切ると、不在着信がさらに増えている。

や、やだ怖い。


どうしようかと迷ってるうちに、また電話がきた。おおふ、出ないわけにはいかない。
さっき通話中だとバレているはずだから、寝ていたと言い訳が効かないからである。

寝起きのからからの喉を意味もなく整えて、電話に応答した。


「もしもし、なした?」


最近買い換えたばかりの日本製スマートフォンに耳を当て、声が聞こえて来るのを待つ。
散々電話してきていたし、もしかしたら怒っているかもと冷や冷やしながら。

聞こえてきた声は、思ったより優しくて怒ってはいないようだったけど。


今お前の家の前に居る。というメリーさん的メッセージに頭がはげるかと思った。


「え、ま、嘘でしょう?」

「俺は嘘はつかない」


ぎゃあああ。思わず叫んだ声が向こうのスピーカーを通して私のスピーカーからも聞こえてきた。
もうそれどころじゃなくて、落とさないようにとあれほど気をつけていたスマートフォンを投げ出してベッドから出る。


洗面所に向かい鏡を見れば、今日は一段と激しい寝癖。
これはすぐ直せるはずがない。まず着替えてないしブラジャーもしてない。

最悪の展開に絶望していた私に、家に鳴り響くチャイムがとどめを刺した。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ