novel

□赤色のビー玉
1ページ/3ページ








「ンッ・・・・・・はぁ・・・」

ナイフを持つ手に力を入れると、ピリッとした痛みが生まれた。



*



プツリと切れた皮膚の間に、ぷっくりと赤い玉が出来上がった。

それはあっという間に増え、やがて大きなひとつの雫となってこぼれ落ちた。

つっ・・・と流れていく赤をうっとりと眺めながら、ルークは愉しそうに笑った。

手首に出来た赤い路を舌でなぞり、傷口に唇を当てると、ルークはちゅうちゅうと音をたてて血を吸い出した。

「ん・・・・ふっ、ぁはっ」

唇を離すと、血は止まっていた。

それを見て、ルークはつまらなさそうに外に目を向けた。

「ガイー」

ルークは外に居る使用人の名前を呼ぶと、ベッドに倒れ込んだ。

少しして、ガイが窓から現れた。

「どうした、ルーク」

「ねぇガイ、シよ?」

「は?」

ルークの発言に、ガイは己の耳を疑った。

「なぁガイー、ダメか?」

小首を傾げて、上目遣いに自分を見上げてくるルークは、とても煽情的で。

ガイは思わず、ゴクリと喉を鳴らした。

ルークの熱っぽい視線に耐えながら、ガイはルークに訊ねた。

「ルーク、それってどういう・・・」

「なんだよ、わかんねぇのか? もう一度だけ言うぜ ・・・・・・ガイ、抱いて?」

どうなっても知らないぞ? と問うと、ルークは「もちろん」と言って笑った。

ガイとは違って余裕たっぷりな顔をしたルークは、ガイの腕を引っ張ると、自分を跨がせた。

「ねぇ、早くいれて?」

ルークはガイを急かすように誘う。

その一言に理性を断ち切られたガイは、性急にルークの服を脱がし始めた。







*
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ