novel

□伝えようとした
1ページ/3ページ




伝えようとした。

けれど、

僕たちは不器用だから。

互いを傷つけ合うことしかできないんだ。







「アッシュ!」

雪の降るケテルブルクの夜、ルークの声が響いた。

紅い後ろ姿に叫ぶ。

すると、アッシュはぴたりと足を止めた。

「・・・レプリカ」


明らかに機嫌が悪そうに返事をするが、ルークはアッシュが止まってくれたことが余程嬉しかったのか、全く気にしていない様子だ。

チッと舌打ちし、ルークを見る。

ザクザクと雪を踏みならし、走って来る片割れ。

嬉しそうに笑いながら近づいてくる。

「アッシュ!」

「何か用か、屑」

「うん! あのな、・・・」

ルークは楽しそうに話し始めた。

いろいろ話したい事があったのだろう。話の終わりが見えてこない。

はぁ、とため息をつくと、息が白くなっていた。

そういえば、少し肌寒い気が・・・

「・・・っ、くしゅん!」

「・・・てめぇは馬鹿か」

やれやれと首を振る。

ルークは雪が降っているというのに、暖かい格好をしていない。

あのいつもの腹が出ている服のままだった。

見ているこっちが寒くなると言ってやったが、首を傾げて笑うばかり。

駄目だ。レプリカってもんは脳ミソまで劣化してやがるのか?

あの時と同じだ。まぁ、今はあの時とは色々と違っている。

まぁ、それは置いといて。

「来い。レプリカ」

「アッシュ?」

ルークを半ば引きずるように宿に連れていく。


「あの、アッシュ? 俺、もう宿とってあるんだけど…」

「あ? 関係ねぇな」

「……」

聞けよ! と騒いでいるルークには目もくれず、さっさと歩きだした。


「なぁ、アッシュ。」

「何だ」

「あのさ、アッシュは・・・」

宿に着くと、ルークはぽつりと呟いた。

その呟きに、アッシュは微かに眉根を寄せた。


『アッシュは・・・、俺が死んだら、泣いてくれる?』


俯いたままルークは動かない。

いきなり何を言い出すんだとアッシュは小さくため息をこぼすと、ルークを見て言った。

「あぁ、きっとな」

適当に言葉を濁した。

泣かないかもしれないし、泣けないかもしれない。

泣いているところを見られたくないのかもしれない。

ルークを不安にさせてしまうから。

ルークは、アッシュの答えを聞いた後、嬉しそうににこっと笑った。

「ありがと、アッシュ」

「ふん」

少しそっけなく返しても、ルークは笑っていた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ