novel

□殺したいほど君が好き
1ページ/1ページ




好き好き好き好き、

大好きなんだ。

愛してる。

だから、君の笑う顔を見ていたい。

怒った顔も、泣いてる顔も。


そして、

苦しみに、憎しみに歪む、

君の表情も。


全部見たいんだ。


大切にするよ?







「愛してるぜ、ルーク」

「ガイになら、殺されてもいいよ」


どうしてこんな事になったんだろう。

ルークは俺に殺されそうになっているのに、笑っている。

喉元に刃を突きつけても、「ガイにならいいよ」って、笑う。

その笑顔は、笑っているんだか、泣いているんだか、よくわからなかった。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ