novel

□変態に恋されてしまいました5題
1ページ/10ページ

01.スキンシップじゃなくてセクハラです






「ルーク!」

「ガ……いッ!?」

名を呼ばれ振り向くと、そこにはものすごい笑顔で走ってくる親友がいた。

速い。速すぎる。

結構遠いところにいたのに、もう目前に迫ってきている。

これ…避けなきゃ肋骨とか逝くんじゃね…?

頭では避けなきゃいけないとわかっているのに、ガイの俊足と恐ろしいほどキラキラした笑顔を見ると 、体が動かなかった。

「るうううくうううううううう」

「く、来るなぁああああ!!! ……ぐえっ」

あまりの速さに体が反応できず、ガイの直撃を受けた。

正直、意識が遠のいた。

バタンと後ろに倒れる。

「ルーク、来るなーは酷いんじゃないか?」

いくら俺でも傷つくんだぞ☆

意識が飛ぶ前に肩を掴まれガクガクと揺すられたため、辛うじて意識を保つことができた。

しかし、次の瞬間に強烈なウインクを食らったので瀕死になりかけた。

「あ…あは、ごめ…」

「まったく、ルークはツンデレだな!」

「はぁ?」

こいつは何を言い出すんだろう。

頭おかしいんじゃないのか

「ッ!?」

なんだ…? この違和感…

ガイの手の位置……?

「がっ…ガイ! どこ触ってんだよ!?」

「ん? どこって、しr」

「んなことわかってるっての! なんで触ってんのかって聞いてんだよ!」

「え…」

え… じゃねえよ! なんで悲しげな目してんだよ!

立ち上がろうとしたが、なぜかガッチリと抱き締められていてダメだった。

どうしたらいいんだろう。

このまま尻を撫で回されていればいいのだろうか…

「ガイー♪」

「お、ジェイド。どうしたんだ?」

「いえー、ルークが死んだ魚のような目をしているので報告しにきただけですよ」

「なんだって!?」

何があった、ルークッ!!

再びガクガクと肩を揺すられる。

首が取れそうだ…

「大丈夫ですかぁー? ルークゥ」

「……」

見てないで助けてくれよジェイド。

「ガ…ガイ、わかったから…わかったから離してくれ…」

「ル、ルーク…」

珍しく、素直に従うガイ。

いつもこうならいいのに

とりあえず、この場から離れよう。

立ち上がり、パンパンと服についた砂やら埃やらをはらう。

ガイとジェイドに背を向けて他の仲間たちの所へ歩き出した。



はずだった。



「うわっ!?」

足を掴まれる感覚と同時に、地面が迫ってきた。

ビターンと顔面から着地する。

「……」

じんじんと痛み出す、顔。

鼻が折れるかと思った。

幸い、砂利道ではなかったので石とかそういうものはなく、大きな怪我にはならなかったのだが…

「いっ……てぇえええええええええええ!! 誰だよ! こんなことする奴! 俺に恨みでもあるの」

両腕で体を支えて、上体を起こし、振り返る。

と、そこにはうつ伏せになって俺の右足を掴んでいるガイと、しゃがんで左足を掴み、且つ挙手しているジェイドがいた。

「…か」

怒る気も失せる

いい年して何してんだ? コイツらは。

「…離せよ」

「おやおや〜? 照れているのですか」

「照れてねえよ! 怒ってんだよ!」

「ルークはツンデレだからな。…ほんとは怒ってないクセに」

「黙れバカガイ!」

うふふと笑う変態達。

気色悪い。

あ、鳥肌たってる。

「ティアたちに用があるから行かせてくれ」

怒鳴ったせいで喉が痛くなったので、少し小さな声で言った。

あんたたちに構ってると疲れるから開放してくれと。

「仕方ないですねぇ」

「ルーク…」

ジェイドはやれやれと首を振っている。

こっちが言いたい

ガイに至っては、うつ伏せに寝たまま、肩を大きく震わせて、わざとらしくしゃくりあげている。

こっちが泣きたい

「じゃあ、後でな」

足を掴む手を蹴飛ばし、立ち上がる。

今度こそ、ティアたちのところに辿り着くことができた。

なんてダメな大人たちなのだろう。

あんな大人にはなりたくないぜ








次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ