novel

□dark side
1ページ/3ページ






「うわっ・・・!」

「ルーク! ・・・くそ、飛び降りて・・・!」

「無駄です」

「おい、ジェイド!」

「ここで脱落するなら、足手まといだ。先に進みましょう」

「アンタそれでも人間か!? ・・・すまない。でも俺には、アイツを見捨てることなんてできない。・・・また後で会おう」

「ガイ!」

「ティア。放っておきなさい。前衛が2人抜けたことは痛手ですが、私たちだけでも十分戦えます。・・・違いますか?」

「いえ・・・。ごめんなさい。行きましょう」

「ルーク、ガイ・・・」

「大丈夫ですよ。2人は強いですから、きっと生きて帰ってきます」

「そう、ですわね」








次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ