LIAR



もし嘘吐きがいたとして
吐く嘘がいつも同じだったなら
同じ嘘を吐き通せたのならば

それはなんて素晴らしいことであろうか

私とくればもう真実を話す術を亡くしたらしい

牙も折れ
白にも黒にも染まらぬこの躰の

嗚呼なんと醜いことか




表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ