氷帝×不二

□ロビンちゃん。
1ページ/1ページ




「景ちゃんもサボテン好きなの?」

「そういう訳じゃねぇよ」



跡部の部屋にやってきた不二。
ふと、ついこの間はそこに存在していなかったサボテンに気付いた。



「ふぅん」



窓の外を向いてしまった跡部の顔は見えない。
不二は小ぶりなサボテンに視線を戻してジッと見つめる。

跡部はそんな不二を振り返る。
が、その表情は横髪に隠されてしまって見えない。

小さな舌打ちは不二の耳には届かない。



「ロビビア、だね。」

「あぁ、」



丸みのある、スタンダードなサボテンらしいサボテン。
その棘をツンツンやる不二。
そんな嬉しそうな姿に跡部の頬は知らず知らず緩んでしまう。



「ねぇ、名前つけても良い?」

「アーン?」



訊ねる不二が跡部を振り返った。
締まりのない、だらしない顔を見せるまいと跡部はまた窓の外へ視線を向ける。



「ロビンにしよっかな。」



なんだ、そのセンスねぇ名前。と跡部は内心で呟く。
その上ありきたり。



「良いんじゃねぇの?」

「ふふっ、大切にしてね。」

「当たり前だろ。」



当たり前だろ。
お前の喜ぶ顔が見たくて買ったんだぞ?何が何でも花まで咲かせてやるよ。



「イジワルしないでよね。」

「当たり前だろ。つーかサボテンにイジワルってなんだよ。」



ハァっと溜め息を吐いた跡部の視線は無意識に不二へと向かう。



「…やだ、景ちゃん。みっともない顔!」

「っるせぇ!」



溜め息吐いたクセにニヤニヤ笑っちゃって!と不二が手を叩く。
たちまち苦い顔になった跡部に不二は言う。



「ねぇ、大切にしてね。ロビンちゃん。」

「オンナかよ…」

「ふふっ、嫉妬しちゃうかも。」

「しても良いんだぜ?」



当たり前だろ―――…

そのサボテンを大切にするということは、お前を大切にすることと同義であるのだから―――…



END...

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ