ガラス越しの空

□1.私と彼の出逢い
1ページ/8ページ

ー由元咲樹




私は柔らかい朝の光で目を覚ます。

柔らかいシーツを頬にすりつけて、すぐ横を見る。

すると、気持ち良さそうな顔で彼はまだ眠っている。

寝顔はまるで天使みたいだ。

睫が長くて、形の良い唇は少しだけ開いている。

寝息は一定に整っている。
まだふかい眠りの奥の方にいるのだ。

起きているときも割と子供っぽく見える方だが、こうして寝ている姿を見ると、その思いは格段に強くなる。

その割に…、私は投げ出されている彼の掌に触れる。
この人の手は大きくて、ゴツい。

顔に全く似合わない。
私は微笑ましくて、自然に少し頬が緩んでしまう。

このベッドからはみ出しそうな長身も、なんだかアンバランスだ。

でも彼という人間ときちんと対峙してみると、そのアンバランスさにも納得がいく。

彼の本質は天使でもないし、幼くもない。

このゴツい手で、長身の身体で、一人の男として生きているのだ。

それはもう、憎たらしいくらいに。

…私も、同じだ。

彼みたいに、一生懸命、強かに、生き抜いていこうと、もがいているのである。





.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ