桜恋唄 〜その壱〜

□第七話
1ページ/6ページ


元治元年七月────。



私は、幹部全員分のお茶を載せた大きめのお盆を手に広間へ入った。

準備に少し手間取ってしまったから、冷め気味のものが混じってるかもしれない……。



「ありがとう、雪村君。すまんねえ、こんな仕事まで」


『ちょうど今、お茶を淹れに行こうとしてたんだ。ありがとう、助かっちゃった』



井上さんと如月さんが、優しく声を掛けてくれる。



「あ、私なら大丈夫です。皆さんにはお世話になってますし」



お茶を一口飲んでから、何故か沖田さんは目を細めた。



「……あの。お茶、渋かったですか?」



私が尋ねると、彼は首を横に振る。



「……美味しいよ?ちょっと温いけど、これくらい隙がある方が君らしいよね」


「……すみません」




次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ