桜恋唄 〜その壱〜

□第九話
1ページ/8ページ


『千鶴ちゃん、大丈夫?』


「は、はいっ……平気、ですっ……」



皆に置いてかれまいと必死に走る彼女の息が切れ始めた頃、市中を駆け抜ける新選組の前にとある人影が立ち塞がった。

先陣を切って走っていた副長は、その人影に異様な空気を感じたのか足を止める。


そして、副長は他の隊士達にも立ち止まるよう手振りで合図した。



『あれは───』



俺がそう思った瞬間。



「うぎゃあっ!?」



血気にはやる隊士の一人はその合図を無視して駆け続けようとし、一刀のもとに切り伏せられた。



「てめえ、ふざけんなよ!おい、大丈夫か! ?」



新八さんは声を荒げながら、倒れた隊士を抱き起こした。

だが、隊士にはもう既に意識はないようだ。
斬られた隊士の身体から、じわりと血溜まりが広がっていく。


突然の攻撃に驚きながらも、隊士達全員が彼へ殺意を向けた。




次へ
前の章へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ