SO3

□最強なのは…?
1ページ/6ページ

フェイトは現在モンスターの群れと戦闘中だった。

「ブレード・リアクター!」

「くっ、リフレクト・ストライフ!」

一匹一匹はたいしたことはないのだが、そのあまりの数にフェイトは苦戦していた。

くっ、数が多過ぎる。これじゃいくら倒してもきりがない!

どうする?

いったん逃げるべきか…。

よし。

「アドレーさん!ここはいったん退きま…」

「スピキュール!」

チュドーン!

「わっはっは。弱いのお。」

「ん?フェイト殿、いかがなされたかな?」

フェイトは呆然として開いた口が閉まらなかった。

先ほどまで山のようにいたモンスター達が跡形もなく消え去っていたからだ。

「あ、あのアドレーさん…。今…いったい何を…?」

「何とは?」

「いや、モンスターが消えて…。」

「ん?軽く技をくらわしてやっただけじゃが…。」

か、軽くって…。

常識外れにもほどがあるだろ!?

いったい何匹のモンスターがいたと思ってるんだよ…。

「しかし手応えのない獲物じゃたのう。」

………。

そうだった。

僕が馬鹿だったよ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ